活動内容

活動の概要

「ネパール野球ラリグラスの会」は、野球が知られていないネパールに野球を広める活動を行なっています。活動理念は「協働」です。野球を通して、一方的な支援ではない、共に学び合い成長し合う国際交流を行なっています。主な活動は以下のとおりです。

  • ネパールでの野球普及活動
  • ネパール人野球指導員の育成
  • ネパールへの野球指導員派遣
  • 野球を通じた国際協力活動
  • 講演、広報活動

活動紹介リーフレット


活動の始まり

当会の活動は、1999年に大学の海外研修が切っ掛けで活動が始まりました。

大学の海外研修でネパールを訪れた学生が休み時間にキャッチボールをしていると、その光景を物珍しそうに見ていた現地の人々が集まってきました。その学生が不思議に思って調べてみると、ネパールには野球が全く知られていいないことが分かりました。

当時、ネパールにはカースト制度が根強く残っており、貧富の差も大きく、身分の違う者同士の交流もあまり見られませんでした。野球は、キャッチボールで相手の捕りやすいボールを投げるなど、相手のことを思いやるチームワークの精神が必要です。また、チャンスで打てば誰もがヒーローになれるチャンスがあり、平等という要素も含まれています。ネパールでキャッチボールをしていた学生は、ネパールに知られていない野球を通して交流することで、ネパールが発展することにつながればという願いも込めて、野球紹介活動を始めました。活動は「これがボールです。」という道具の説明から始まりました。以来、野球を通したネパールと日本の交流を目的とし、オリンピックという夢も抱きつつ、現地の人々と協力しながら野球普及活動を続けています。

近年のネパール野球

長年の活動の結果、最近では、ネパール野球連盟の設立、国際大会への出場、ネパール人初のプロ野球選手誕生などの発展を見せています。また、かつての子どもたちが成長して、今では子どもたちに野球を教えています。ただし、現地には凸凹のグラウンドしか無いのが難点です。

活動の様子

現地指導員の派遣

野球道具の寄付

ネパール野球大会

国際大会への出場

野球普及活動

野球交流活動

ネパール人指導員の研修

ネパール少年野球選手団の招聘

日本球界への挑戦

広報活動

講演活動

マスメディアでの紹介

スタディー・ツアー

定例会

草野球チーム「ラリグラス」